Tiny house

  • 2018.06.27 Wednesday
  • 13:52

東日本大震災後に日本で注目されはじめたのはタイニーハウス。

突然失われるかもしれない「物質的に豊かな生活」ではなく、「大切なものに囲まれた、ほんとうに豊かな生活」を模索する人が増え、その手段のひとつとしてタイニーハウスが注目されています。

延床面積はおおむね20岼米發如∨楝硫然覆魯蹇璽鵑倭箸泙覆い泙燭郎脳限の期間で済む価格、セルフビルドや移動ができること」。
加えて、「大切なものと向き合うきっかけとなること」ということでシンプルな設備で豊かに暮らす家に住むムービメントが起きています。建築家の私自身がそれはとても良いことだと思っています。

人は寝て1畳、起きて半畳という諺が日本ではあります。使わないものに溢れた暮らしに、うんざりしている人々が多く、断捨離ブームという言葉もあるようにモノに煩わされないシンプルな暮らしから、本当に大切なものは何か気づかせてくれるきっかけにもなるように思います。

写真は畳の下は大収納になる引き出し。畳ルームは生活の様々なシーンに変わるフレキシビリティーのある空間です。リビングにも寝室にもなる。タイニーハウスの考えにも通じる日本人が昔から行って来たしつらえの文化です。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM