塀の倒壊

  • 2018.06.25 Monday
  • 22:09

高槻市の地震で塀が倒れて死者が出る痛ましい事件がありました。

78年に宮城県沖地震があり、その時に亡くなった方々の大半がブロック塀の倒壊によるものでした。

あれから40年経っても、建築基準法が守られていない建造物が多くあるということがわかります。

鉄筋なしのブロックを積み上げただけの塀。地震国の日本においては危険極まりない造りなのですが、一般人が見分けるのはかなり難しいと思います。

鉄筋さえ入っていれば、子どもの命が奪われることはなかったのに....なぜ公共事業でずさんな工事が見逃されていたのか?

工事業者の怠慢か、予算を削られたことが原因かなど......これまで見過ごされてきた日本の公共事業の問題が隠れているように思います。かなり根が深いものを感じます。

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM