今年は花粉症の方が多く、見受けられます。

  • 2018.04.14 Saturday
  • 20:44

ハクション!春の訪ずれは嬉しい反面、花粉を吸ってしまうと目がしょぼしょぼ、鼻水、せき、と苦しい季節にもなってしまいます。

今年は花粉の飛散が特に多い年なのだそうです。

日本で1960年頃からスギ花粉症が急増した原因としては、農林水産省が推奨してきた大規模スギ植林と言われています。
戦後復興や都市開発などで日本では第二次世界大戦以後木材の需要が急速に高まった一方で国内木材の供給量は不足気味で、林業の拡大と造林は 当時の日本において急務であったため農林水産省は戦後に拡大造林政策を行い、その一環として各地にスギは成長率が高く建材としての価値が高いということで、杉の植林を各地で行いました。

その結果スギ花粉の飛散量も爆発的に増加することになり、大量のスギ花粉を曝露した日本人がスギの花粉症を発症することにつながってしまったのです。

しかし高度経済成長を経て日本では林業が衰退し、木材も外国からの質が良くて安い輸入品に押されて国内スギの需要が低迷するようになったため、大量に植えたスギの伐採や間伐なども停滞傾向となり、花粉症の原因物質であるスギの個体数が増加していることが花粉症患者の増加傾向の要因となっています。

一方で日本の都市化により土地が土や草原からアスファルトやコンクリートなどの花粉が吸着・分解されにくい地盤となり、一度地面に落ちた花粉が風に乗り何度も舞い上がって再飛散するという状態が発生するようになったことに加えて排気ガスや工場からの排気などの光化学スモッグなどを長期間吸引し続けることでアレルギー反応が増幅され、スギ花粉症を発症・悪化させるという指摘もあり、こういった日本の都市化によって花粉症の発生の一般化が起こっています。
今では日本のほぼ全ての各地でスギ花粉症が発生するようになっています。

確かに日本のほとんどの山は杉の木に覆われています。本来様々な樹木が混在している山の景色である筈が、どこもかしこも杉ばかり、みんな花粉であちらこちらでくしゃみも出るわけです。
 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM