住み始めてからの汚れや傷の保護することを考えて

  • 2018.02.23 Friday
  • 15:33

家に住み始めれば、ドアに傷がついたり、壁が汚れたりすることがあります。

最近は、ペットを家で飼う人も多いので、なるべく傷や汚れがつかないようにあらかじめ光触媒などでコーティングして汚れのつきにくい、掃除のしやすい家にして引き渡すようにしています。

まだまだ光触媒は一般化されていないので、施工する人により正しく塗布されなければ性能差が生じるので、施工をお願いする職人さんは腕のある信頼できる人にお願いしています。写真の塗装屋さんは、電車の塗装の依頼も来るほどの職人さんで、確かな仕事をしてくれるので、いつも信頼して仕事をお願いしています。

リビングにしっくり合うお仏壇とは

  • 2018.02.21 Wednesday
  • 17:25

仏壇をどこに置きますか?

宗派により南だったり東であったり様々です。

毎日拝むために、リビングに置く場合が多いものですが、仏壇のデザインがリビングにしっくりこないということで、悩まれる方も多いものです。

今回、私の設計した欧州デザインの家では日本の仏壇を設えることは無理があるということで、クライアントとイタリアの工房まで仏壇探しの旅へ行きました。

たくさん訪れて、諦めかけたところでしたが.....ありました。30年前に工房の先代が制作していた家具がひっそりと置かれていて、それを見たクライアントがこれを仏壇にしますと仰ってくれて決まりです。

写真のようにきちんと美しくリビングに収まりました。

 

建築に関してお気軽にご相談ください。

内覧会のご案内等も差し上げます。

メール:info@yoenmura-archi.net  担当 米村

電話:022-725-8257

 

天窓のある気持ちの良い空間

  • 2018.02.15 Thursday
  • 00:30

天窓(トップライト)からの自然光は、照明に頼らずに表情のある空間をつくり出すことができます。天窓(トップライト)のサイズや設置位置を変えることで、日中は一筋の光をスポットライトのように採りこむことも、天井から柔らかい光を降り注がせることも可能です。漆喰壁など質感のある素材を用いた壁に天窓(トップライト)からの光を当てれば、時間の経過とともに異なる表情を楽しむことができます。 曇りの日でも天井面から拡散光が室内へ入るため、柔らかい光が室内に均一に広がり、夜間も室内の明かりが室外にこぼれ、中に住まう人々の生活の温もりを感じさせてくれる風景になったりと、天窓(トップライト)は空間に様々な表情を与えてくれます。

フレキシビリティのあるデザインを!

  • 2018.02.13 Tuesday
  • 15:53

100年続くフレキシビリティのあるデザイン

イタリアで建築を学び,生活し得た知識経験を基に,設計活動をしています。
イタリア建築は日本の建物が機能性重視が多いことに比較して,現代的な設備・機能性の変化に対応していません。
機能性重視の建物は,便利ですが突然機能が止まってしまい使えなくなる欠点があります。機能性重視の建物よりも,さまざまな変化に対応できる能力のあるフレキシビリティのある建物の方が長い目で見るとずっと使用できる建物となります。そんなところからイタリア人は古い建物に価値を見出し大切に使います。古くて新しい,新しくて古いずっと飽きのこないデザイン,美しいデザインを追求しています。

 

建築のご相談はお気軽にこちらまでご連絡ください。

内覧会のご案内等をお知らせいたします。

株式会社ヨネムラアーキテクツスタジオ

メール:info@yonemura-archi.net  担当 米村

TEL :080-3200-2323

 

気持ちの良いバスタイムを!

  • 2018.02.09 Friday
  • 11:16

気持ちの良いバスタイムをつくります!

一昔前の住宅の浴室は北側で電気をつけなければ、薄暗く開放的な空間という感じではありませんでした。

ストレスの多い現代では、浴室は体を洗い流すだけでなく、一日の疲れを洗い流す癒しの場所として求められています。

だからこそ、明るく開放的にしたいものです。写真の浴室は 白大理石の壁にして明るい浴室にしました。

また、窓の位置を調整・設置し、光と風の道を作ることで、明るく開放的な浴室にしています。

寝湯も楽しめるように広々とした椅子をクライアントの好きな黄色のモザイクタイルで作りました。

ヨネムラアーキテクツスタジオでは、浴室がのんびりと癒しの空間になるような設計の提案を行っています。

お気軽にこちらまでご相談ください。

内覧会のご案内等も差し上げます。

メール:info@yoenmura-archi.net  担当 米村

電話:022-725-8257

 

震災から7年近く自宅再建にお困りの方へ

  • 2018.02.08 Thursday
  • 18:15

震災から7年近く自宅再建にお困りの方へ

私が代表を務めるグローバルアーキテクツエイドが所属する復興住宅生産者団体の事例集が出来上がりました。

被災した方々は、自宅再建に向けて様々な不安を抱えていらっしゃることだと思います。

不安を解消すべく、地域の建物は地域の人間で作るをモットーに設立された団体です。

事例集の他、各種補助金のご案内が取りまとめられています。

入り用の方はこちらまでご連絡下さい。

(株)ヨネムラアーキテクツスタジオ 米村

Email:info-yonemura-archi.net

tel:022-765-7802

リビングに置いて違和感のないお仏壇とは

  • 2018.02.07 Wednesday
  • 16:19

仏壇をどこに置きますか?

宗派により南だったり東であったり様々です。

毎日拝むために、リビングに置く場合が多いものですが、仏壇のデザインがリビングにしっくりこないということで、悩まれる方も多いものです。

今回、私の設計した欧州デザインの家では日本の仏壇を設えることは無理があるということで、クライアントとイタリアの工房まで仏壇探しの旅へ行きました。

たくさん訪れて、諦めかけたところでしたが.....ありました。30年前に工房の先代が制作していた家具がひっそりと置かれていて、それを見たクライアントがこれを仏壇にしますと仰ってくれて決まりです。

写真のようにきちんと美しくリビングに収まりました。

 

建築に関してお気軽にご相談ください。

内覧会のご案内等も差し上げます。

メール:info@yoenmura-archi.net  担当 米村

電話:022-725-8257

 

 

震災から7年近く自宅再建にお困りの方へ

  • 2018.01.31 Wednesday
  • 02:49

震災から7年近く自宅再建にお困りの方へ

3.11大震災から7年近く経ちました。被災地の復興は、オリンピック開催もあり、遅れている現状です。

被災した方々は、自宅再建に向けて様々な不安を抱えていらっしゃることだと思います。

私が代表を務めますグローバルアーキテクツエイドでは、復興住宅のお手伝いを行なっています。

被災された方々の不安を解消すべく、地域の建物は地域の人間で作るをモットーに設立されたグループ団体です。

ご予算に合わせた住まいのご提案、各種補助金のご案内などお力になるべくお手伝い致しております。

ご相談はご遠慮なくこちらまでご連絡下さい。

(株)ヨネムラアーキテクツスタジオ 米村

Email:info-yonemura-archi.net

tel:080-3200-2323

 

イタリアで

  • 2018.01.20 Saturday
  • 21:48

イタリアの食卓テーブル

イタリアで建築を学び,生活し得た知識経験を基に,設計活動をしておりますが、イタリア人は食べることをとても大事にします。

ですので、食卓テーブルは大人数で食べる時用、家族だけで食べる時用とフレキシブルに対応できるテーブルが必要です。

写真はイタリアでの打ち合わせ時の様子です。

うちの作ったテーブルがどれだけ可変性のある素晴らしいものか実演して自慢してくれています。

職人は誇りを持って仕事をしているので、日頃は寡黙ながらこの時ばかりは雄弁になります。

生活している中ではさまざまな変化に対応できる能力のあるフレキシビリティのある建物、家具の方が長い目で見るとずっと使用できるものとなります。そんなところからイタリア人は古い建物に価値を見出し大切に使います。古くて新しい,新しくて古いずっと飽きのこないデザイン,美しいデザインを追求しています。

 

建築だけでなくインテリア家具までご相談頂けます。

お気軽にこちらまでご連絡ください。

内覧会のご案内等もお知らせいたします。

株式会社ヨネムラアーキテクツスタジオ

メール:info@yonemura-archi.net  担当 米村

TEL :080-3200-2323

 

100年続くフレキシビリティのあるデザイン

  • 2018.01.19 Friday
  • 18:28

100年続くフレキシビリティのあるデザイン

イタリアで建築を学び,生活し得た知識経験を基に,設計活動をしています。
イタリア建築は日本の建物が機能性重視が多いことに比較して,現代的な設備・機能性の変化に対応していません。
機能性重視の建物は,便利ですが突然機能が止まってしまい使えなくなる欠点があります。機能性重視の建物よりも,さまざまな変化に対応できる能力のあるフレキシビリティのある建物の方が長い目で見るとずっと使用できる建物となります。そんなところからイタリア人は古い建物に価値を見出し大切に使います。古くて新しい,新しくて古いずっと飽きのこないデザイン,美しいデザインを追求しています。

 

建築のご相談はお気軽にこちらまでご連絡ください。

内覧会のご案内等をお知らせいたします。

株式会社ヨネムラアーキテクツスタジオ

メール:info@yonemura-archi.net  担当 米村

TEL :080-3200-2323

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM